つれづれにっき

ヴァイオリンや散歩の話など、不定期に更新します。演奏動画は、ニコニコ動画と、YouTubeにアップロードしています。

おしらせ

このブログは引っ越しました。
引越し先はhttp://cremona2003.com/になります。



演奏してみた動画で使った楽譜はつれづれにっき(別館)に置いてあります。

Aのはなし

音程の"A"です。
ハ長調でいう"ラ"の音です。
ドイツ語読みで"アー"です。

楽器の多くはこの音を基準にチューニングすると思います。
そしてヴァイオリンもその例外ではありません。

さて、みなさんはAの音を何Hzにしているのでしょうか?

まず音楽とは関係ありませんが、NHKの時報は440Hzになっています。
だからA=440Hzが絶対というわけでもありませんが。

音楽の話になると、古くバロックの時代では415Hzとか392Hzだったようです。
今の日本のオーケストラでは442Hzぐらいが一般的なようです。
ヴァイオリンコンチェルトなんかで、ソリストの音がオケの音に埋もれてしまわないようにわざと高くチューニングしたりすることもあるとか。

そしてぼくもソリスト気取りで、今はAを443Hzにしています。
大して弾けるわけでもないのに・・・

時の流れとともにピッチが少しずつ高くなっているという話もあります。
今から100年後とか200年後になると、A=450〜460Hzなんてことになっているのかもしれません。




参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ




弦のはなし

以前、ちょっとだけ弦にこだわってみて色々張ってみたことがありました。
というわけで過去に使ったことのある弦を紹介してみます。

■Thomastik Dominant
学生の時にみんながこれを使っていたので、ぼくも特に考えることなく使っていました。
印象としては、安定するのにかなり時間がかかることでしょうか。
新しく張り替えてから音程が変わらなくなるまで2週間ぐらいかかっていた記憶があります。
音色も何だかシャーシャーという感じの雑音が入っていたような。
この弦は張る前に新品の弦を布で拭くと汚れのようなものが取れて、雑音が少なくなるというのをどこかで見た気がします。
長所は値段が安いことぐらいでしょうか。
あと余談ですが、steelのE線を買ったことがあって、新しく張ってペグを締めた瞬間に「バツンッ!」と切れて絶句したことがあります。

■Pirastro Eudoxa
クレモナくんを購入してから、初めてのガット弦ということで張ってみました。
これまたチューニングが非常に難しく、自分には合わないということが判明しました。
ガット弦を使ったのはこの一度だけでした。

■Thomastik Infeld Blue
これは音量が売りの弦ですが、クレモナくんには全然合いませんでした。
響きは全くよくないし、かといって音量もそんなにない。
ということで、今Blueは鈴木さんに張ってあります。
その鈴木さんとはなかなか相性がいいようで、こちらは響きが少しよくなっているような気がしました。

■Pirastro Evah Pirazzi
ナイロン弦のなかでは最高級の部類に属するでしょう。
この弦、響きも音量も一番気に入っています。
ぼく好みの明るいはっきりした音色です。
値段はかなり高いです。

■Thomastik Infeld Red
こちらはBlueとは逆で、響きを重視した弦です。
今クレモナくんに張ってありますが、値段の割りにはなかなかいい音です。
あと、新しく張り替えてから比較的短時間で安定します。
音色は、響きについてはそれが売りなので当たり前ですが、音量も思ったほど小さくありませんでした。
ただ音の明るさでは若干Evah Pirazziに劣るかなぁという感じでした。

恐らくどの弦がいいとか悪いとかいうことは言えなくて、それぞれの楽器との相性によって変わってくるのでしょう。
実際に色々な弦を張ってみて確かめてみるのが一番いいと思います。


※1 クレモナくん:Damchaa Tuvshintur Fatto a Cremona anno 2003
※2 鈴木さん:Suzuki No.520 anno 1988




参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ




本の話

最近読んで感動した本の話でも。

罪と罰?アルジャーノンに花束を?
上に挙げた本もいいんだけど、最近読んだのはこれではありません。

30歳overの男を感動させた本、それは「星の王子さま」です。
昔から好きだったんだけど、最近また読んで改めて感動しました。

話は有名なので知っている方も多いと思いますが、砂漠に不時着した飛行士と小さな星からやってきた王子さまのお話しです。

王子さまはわがままなバラとけんかして、自分の星を出て地球までやってきます。
そして地球で出会ったキツネに、仲良くなるとはどういうことなのかを教えられます。
すると王子さまにとって、自分の星に残してきたバラが他のバラとは全く違う世界でたった一つの存在に思えてきます。

そこで王子さまは自分の星に帰りたくなりますが、あまりに遠くに来すぎてしまったために身体も持って帰ることはできません。
そして王子さまは蛇に噛まれて、その場に倒れてしまいます。
しかし翌日、王子さまの身体が消えているのを見て、飛行士は王子さまが自分の星に帰ったのだと確信します。

・・・という話です。
激しく省略して書いているので、読んでいない人にはこれでは何のことかよく分からないと思います。

この本の一番最後に、砂丘と空に星が一つだけの挿絵があります。
全部読み終わった後にその挿絵を見ると、空に浮かぶ星に王子さまの姿が見えてくるはずです。
是非一度読んでみて、その挿絵を心で見てみてください。
キツネが教えてくれた「大切なものは目に見えない」ということがきっと分かると思います。




参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ




CSSカスタマイズ

livedoorブログのカスタマイズの話なので、使っていない人には全く面白くない記事です。スミマセン。

ということで、記事欄の幅を拡げました。
やり方は下記の通り。

 CSSの下記6つの括弧の中、width:___px;の数字を全て同じ値だけ増やします。
 ぼくの場合は+100しました。
  #container{
  #banner{
  #blogcontainer{
  #wrapper{
  #content{
  #blog{

◆_宍の画像をダウンロードします。
 URLはCSS内にあるので探してください。
  bg01.gif
  bg02.gif
  center_bg.gif
  center_header.gif
  center_fooder.gif
  header.jpg

 △妊瀬Ε鵐蹇璽匹靴寝菫の横幅を、,覗やした分だけ伸ばしてあげます。
 適当な画像編集ソフトを使ってください。

ぁ´を、記事に入れる画像と同じように普通にアップロードします。
 このときアップロード先のURLを控えておいてください。

ァCSSで△硫菫を指定してある箇所について、い嚢気┐URLで書き換えます。
 同じ画像ファイルを2ヶ所で指定してあるものもあるので注意。

以上です。
横幅を拡げるのはかなり面倒でした。




参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ




Ads by Google
livedoor プロフィール
ランキング
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Ads by Google
ブログ内検索

Google
記事検索
twitter
ニコニコ
メッセージ
Jog Note
アクセス解析



QLOOKアクセス解析
カウンター
  • 累計:

グラフ

    Ads by 忍者AdMax
    • ライブドアブログ