昨日の続きです。
平成27年度上期の筆記試験本番が近いので、この記事で終わらせます。



ここからいよいよ、複線図を書かずに電線の本数とスリーブ数、コネクタ数を数えていきます。
その前提として、簡略化した複線図を書く手順を書いておきます。
1.単線図に書かれている電源、器具などを同じ配置で書く。
2.電源からスイッチを除く全ての器具を線で繋ぎ、線のそばに白と書く。
3.電源からスイッチと常時点灯の器具を線で繋ぎ、線のそばに黒と書く。
4.スイッチから対象の器具を線で繋ぐ。

以前、複線図を書く手順の2〜4を全て書いた図を頭の中で思い浮かべるのは難しいだろうけど、手順2、3、4それぞれを書いた図を思い浮かべるのはできるのではないかと書きました。
今回もそれを使います。
つまり手順を1つずつ思い浮かべて、その時の電線や接続をカウントしていくという方法です。

昨日の記事で使った問題で実際にカウントしてみます。



平成26年下期の配線図問題から

SN3V0955
これの┐虜脳電線本数を数えてみます。

まず手順2で、白線をスイッチ以外のすべての器具に繋ぎます。
つまり、bからそれぞれの蛍光灯と隣の部屋に電線を引くので、┐良分は1本です。

次に手順3で、黒線をスイッチとコンセント(常時点灯の器具)に繋ぎます。
左のプルボックスより左側の隣の部屋へ、つまり「他の負荷へ」とみなす部分に引きます。
よって┐良分は+1本して、今のところ2本です。
どっちの三路スイッチに引くかというのは、この黒線を使ってどちらにでも引くことができるので、とりあえず置いておきます。

次に手順4で、スイッチから対象の器具に線を引きます。
この時に、┐療点を増やさずに済むならその方法を選びます。
下の三路スイッチから2つのイの蛍光灯に繋いだら、┐遼椰瑤1本増えてしまいます。
上の三路スイッチから2つのイの蛍光灯に繋いだら、┐遼椰瑤倭えません。
よって後者を選び、┐遼椰瑤+0本して今のところ2本です。

最後に三路スイッチの渡り線を2本┐鯆未紘要があるので+2本して、合計4本が答えになります。



のリングスリーブ数もやってみます。
ここで使用する電線は全てIV1.6です。

まず手順2で、電源(つまり右のプルボックスより右側の線)からスイッチ以外の器具に白線を引きます。
電源からプルボックスに入って、そこから上のアの蛍光灯と奥のプルボックスに伸ばすので、1.6を3本接続することになるので、小スリーブが1個です。

次に手順3で、電源からスイッチとコンセントに黒線を引きます。
奥の三路スイッチに引いたとしたら、下の三路スイッチからアの蛍光灯に引くことになるので、プルボックス間の電線は合わせて2本増えることになります。
手前の三路スイッチに引いたら、奥の三路スイッチからアの蛍光灯に引くことになり、プルボックス間の電線は1本増えるだけで済みます。
電線の本数が増えるということは、それだけ接続も増えることになると考えられるので、この場合は手前の三路スイッチに引きます。
ということで、電源から下の三路スイッチに繋ぐので、小スリーブが1個です。

次に手順4で、奥の三路スイッチからアの蛍光灯に線を引きます。
のプルボックスに注目すると、左から上の蛍光灯へ繋ぐことになるので、小スリーブが1個です。

あとは、上下の三路スイッチに渡り線2本を引くので、のプルボックスでそれぞれの線を接続して小スリーブが2個です。

ということで、合計して小スリーブ5個が正解になります。



阿離灰優タ数もカウントしてみます。

まず手順2で、電源からスイッチ以外に白線を引きます。
このプルボックスの下から左へ接続するので、2本用が1個です。

次に手順3で、電源からスイッチとコンセントに黒線を引きます。
電源からすぐ下の三路スイッチに黒線を引くので、阿離廛襯椒奪スでの接続はありません。

次に手順4で、上の三路スイッチから左の蛍光灯と下のプルボックスを通って右の蛍光灯に線を引きます。
阿離廛襯椒奪スでは三路スイッチから左と下に接続するので、3本用が1個です。

後は三路スイッチの渡り線を2本引くので、その接続で2本用が2個です。

ということで、2本用3個と3本用1個が正解です。



平成25年度上期の配線図問題から

SN3V0956
い虜脳電線本数は昨日やったので飛ばして、のリングスリーブ数を求めます。
その際に、グループ化できるところはグループ化して考えてください。
昨日書いた図はあえて載せないので、頭の中で考えてみましょう。
使われる電線は全て1.6です。

まず手順2でスイッチ以外の器具に白線を引くので、左上から上、右、下、左に接続します。
5本接続するので、中スリーブ1個です。

次に手順3でスイッチとコンセントに黒線を引くので、左上から上、右上、下、左に接続します。
5本接続するので、中スリーブ1個です。

次に手順4でスイッチから器具に繋ぐので、右上から右に接続します。
2本接続するので、小スリーブ1個です。

三路スイッチはないので、以上で終わりです。
ということで、小スリーブ1個、中スリーブ2個が正解です。



のコネクタ数もカウントします。

手順2で、電源からスイッチ以外の器具に繋ぐので、左上から左(パイロットランプ)、左下、下に接続します。
ということで4本用1個です。

手順3で、電源からスイッチとコンセントに繋ぐので、左上から左のスイッチ2つに接続します。
ということで、2本用1個です。

手順4で、スイッチから対応する器具に繋ぐので、クのスイッチについては左から左下に接続して2本用1個、ケのスイッチについては左から下で2本用1個です。

三路スイッチはないので、以上で終わりです。
ということで、2本用3個、4本用1個が正解です。



どうでしょうか。
複線図を書かずに数えられるのではないでしょうか。



最後におまけでもう1問だけ。
SN3V0961
平成25年下期の配線図問題です。
これの、△虜脳電線本数を求める問題です。

この問題については配線図全体を見る必要はなく、
SN3V0961_1
この部分を見るだけで答えが出ます。
ということで数えてみます。

まず手順2で、電源からスイッチ以外の器具に白線を引くので、△歪未蠅泙擦鵝

次に手順3で、電源からスイッチとコンセントに黒線を引くので、この3つのスイッチに黒線を引けばいいので△1本です。
ハの三路スイッチについて、電源の非接地線をもう片側の三路スイッチに引くかもしれないじゃないかと思うかもしれませんが、△療点本数を最少にするという要件なので、イロに引いた黒線を一緒に渡すやり方になります。

次に手順4で、スイッチから対応する器具に線を引きます。
イから1本、ロから1本引くので、△+2本になります。

最後に三路スイッチの渡り線2本を引いて+2本です。
ということで、合計は5本になります。



複線図を書かずに技能試験問題を施工する方法を理解していれば、決して難しくないと思います。
そこを理解せずに、この手順だけ見て答えを出せるかどうかは分かりません。

筆記試験については時間が余ると思うので、無理に複線図を書かずに数える必要はないと思います。
平成27年度上期試験を受ける方にとってはあまり時間がありませんが、興味があったら考えてみてください。
それ以降に受験するという方は、ゆっくり考えてみてください。





参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ