最近は電気工事士の話題ばかりだったので、たまにはお金の話でも。
というか結構緊急を要する話です。

ぼくはアプラスカードでリボ払いを使っています。
と言っても毎月の弁済額を49万円に設定していたので、ほぼ1回払い専用カードとなっていました。
まず支払い方法をリボに切り替えた時にポイントが入り、その後リボ払いで買い物をするとその度にポイントが入るというので、試しに切り替えたまま今に至ります。
ということで、リボにしてはいますが全額その月のうちに支払っていたので利息はまだ払ったことがありません。



ところで、6月からリボ払いの方法が変わるという通知が来ていました。
ざっと説明やら規約やらを見て、どうせ弁済額を49万円に設定しているのでそれを超えて買い物をしない限りは問題ないと思っていました。



そして17日に6月の請求明細が来ました。
それを見ると、請求金額が3,000円となっていました。
あれ?こんなに少ししか使わなかったはずはないと思ってサイトの明細を確認してみると、今月分はカードを使って1万円ちょっと買い物をしていました。
それでいてお支払合計金額が3,000円と表示されています。

そこで6月からリボの支払い方法が変わったというのを思い出して自分の支払設定を確認してみると、支払い方式とともに月々の弁済金のところが3,000円に変更されていました。
自分が見落としたのかと思って改めて変更された規約などを確認してみると、「最低支払額を3,000円とする」という記述は確認できました。
最低が3,000円に変更されるならば49万円に設定している自分には関係ないと思うのが当然だと思うのですが、どうなんでしょう。



ということで、翌日電話でお話させてもらいました。
まず支払い方式の変更については翌月分から適用されるとのこと。
ただし繰り上げ返済として今月分を支払えば利息を払う必要はないということでした。
ということで、今月分は繰り上げで支払い翌月分から設定した支払い方法で払うということで事なきを得ました。



もし受け付けられないとなったら、少額訴訟を起こしてでも取り返すつもりでいました。
月々の弁済額まで変更されるという説明はなかったという主張です。
ちなみに利用が10,000円として、そこから今月返済の3,000を引けば残りは7,000円です。
これに年利15%かかれば1,050円です。
さらにそれを12で割って、翌月には大体87円ぐらいの利息がかかっていたところでした。
(年利を12で割って月の利息を計算する方法は正しいやり方かどうか分かりませんが、大体の金額は出ると思うのでそれを使っています)
たったこれぐらいの金額でも、コツコツとポイントを貯めるためにリボにしたので決して少ない金額ではありません。
今回はそこまでする必要もなかったので、よかったです。



ぼくの場合は気づいたからよかったけど、気づかないまま利息を払わされる人も結構いるんだろうと思います。
こういう利用客を欺くやり方で儲けると言うのは、決して褒められたものではないと思います。

ちなみに今回、「最低支払額」を変更するという説明ではなく、各自設定されている「支払額」そのものを変更するという説明であったならば、少なくとも欺くという表現は使いませんでした。
例えそうであったとしても、ずるいやり方だという考えは変わりませんが。
今回はそれがあるからこそ、もし裁判になったとしてもこちらが勝てると思っていました。



アプラスカードで、ポイント目的でリボ払いを使用している人は注意しましょう。
ぼくの場合は支払いが29日になっていますが、人によっては間に合わなかったかもしれませんね。

まあ何にしても、カードの明細はしっかり確認しておけということですね。





参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ