受験を決めてから今まで、複線図についてそれなりに考えてきました。
最初、単線図の読み方が全く分からない状態から、その次に単線図から複線図が書けるようになり、最終的には単線図を見ただけで施工できるところまで来ました。

記事がバラバラになっているので、とりあえず技能試験に必要な知識となる複線図についてだけまとめておきます。
第二種電気工事士試験全体については、また別の機会にまとめたいと思います。



基本的な手順を覚えるまで

まずは、単線図を全く読めない状態から複線図を起こせるまでです。

第二種電気工事士の受験申し込みしました
この日から複線図の勉強を開始しました。
この記事には複線図に関するネタはほぼ書かれていないので、飛ばしてもらって構いません。

単線図から複線図を書くのが意外に簡単だった
とりあえず基本の手順についての説明です。

複線図の書き方で気づいたこと
手順に従って書いても、三路スイッチの繋ぎ方によって電線の本数は接続箇所の数が違う2通りの複線図が出来上がることに気づきます。

三路スイッチの繋ぎ方が分かったかも
三路スイッチの繋ぎ方について、筆記試験の要件である電線を最少にするというのをどうやれば満たせるか、何となくの答えが出たところです。

複線図の書き方・決定版
複線図の手順について、今まで考察したことをまとめて書きなおしたものです。

基本の手順については以上です。
試験対策だけならば、とりあえずここまでで十分です。



複線図を書く手順について根本的なところ

手順については分かったけど、そもそもこの手順でどうして期待した動きをする回路になるのかというところについて考えています。

複線図の書き方・基礎の基礎



複線図を書かずに施工できるようになるまで

ここからは、複線図を書く時間を短縮することについて考えています。
究極の時短である「複線図を書かずに施工する」というところまで行きます。

複線図の時間短縮について考えてみました
まずは手順の簡略化をしています。

複線図の更なる時間短縮について考えてみました 前編
複線図の更なる時間短縮について考えてみました 後編
この考えができれば、単線図を見ただけで複線図を書かずに施工するのも難しくは感じないと思います。



おまけ

筆記試験の複線図問題で複線図を書かずに解答する方法について考えています。
技能試験には必要のないところですが、複線図を書かずに施工できるところまで来ていればこの考え方も簡単にできると思います。

複線図を書かずに最少電線本数とリングスリーブ数、コネクタ数を求める方法
複線図を書かずに最少電線本数とリングスリーブ数、コネクタ数を求める方法 の続き



どこまで複雑な複線図がこの世に存在するのか分かりませんが、少なくとも第二種電気工事士試験における複線図の知識としてはここまで理解しておけば十分だと思います。

複線図を書かないことで技能試験にかかる時間が3〜5分程度短縮できるので、もしできそうだと思った場合にはやってみるといいかもしれません。
ただしその場合は、複線図を書かないことで短縮できる時間とミスする確率の増分とを天秤にかけて、それぞれに合った方法を選んでください。
複線図を書かなかったせいでミスして試験に落ちたと言われても、ぼくも責任を取れないので。

複線図を書くか書かないかの判断は、くれぐれも自己責任でお願いします。





参加中のランキングです。興味のあるカテゴリがあったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ